2018年4月17日火曜日

2018年4月11日水曜日

自選 春の句


千年の煙に浮かぶ野火の人

散り初むる花や空き家にバックホー

散る花のまどいまとわる犬の鼻

散ってちって散って道辺に花の川

碧海

そもそもの話

2018年4月10日火曜日

物干し新設

今朝のキッチン

南側に物干しを新設した

そう言えば、これも新顔。囲炉裏端がより快適になることを期待

大好きなオランダカイウの花が、今年もきれいに咲いた



そもそもの話

2018年4月9日月曜日

ギンバエに聞け

さて一週間が経ち、例の玉手箱を開ける時が来た。

周りにハエの姿は一切ない。顔を近づけても麻袋の匂いしかしない。

そして開封。クンクンやると枯葉の香ばしい香りがする。鉢の中まで鼻を入れても同じだ。

考えてみれば、ハエがいない時点でこの結果は見えていたのだ。彼らが汚物の匂いを感知する能力は人の何百倍も高いのだから。

さて、そこで私はいよいよこの実験を室内に持ち込むことにした。しかも、ポータブルトイレとの組み合わせで、実用モデルを導入するのだ。

既にこのシステムの構想は、十年以上も前にさかのぼる。実験できる条件が今整ったのだ。

トンボ社製のポータブルトイレは、2年ほど前に購入済みだった。今回仕入れた大型植木鉢は、その身長と胴回りをトイレに合わせて選んだものだ。

計画通りぴったりとはまる。

中は暗くてよく見えない。

蓋もできる。

便座も快適だ。

さて、第二段階に入った実験の経緯は如何に。乞うご期待!

そもそもの話

2018年4月3日火曜日

コンポストトイレ実験開始

ホームセンターで買った大型植木鉢の底に、裏山で伐ったシュロの体毛(?)を敷く。

その上に裏山から取ってきた腐葉土を被せる。


その上に現物を投入し(画像非公開)、さらに腐葉土を被せる。

麻布で蓋をして放置する。

ポイントは尿の処理。植木鉢の底から垂れ流す方式を採用した。

匂い、ほとんどせず。ハエ、数匹飛来するも、数分でいなくなる。

来週、状態を見てみよう。楽しみだ。

そもそもの話